NEWS

お世話になっております。絵本コーディネーター東條知美です。

10月より5ヶ月間、全5回の登壇を予定、準備を進めておりました茨城県県民大学(後期講座)『絵本で考える私らしい生き方 〜人生に寄り添う"絵本の力"』につきまして、誠に申し訳ありません、講師事情により中止していただくことになりました。

私事で甚だ恐縮ですが、女性特有の疾患があり、10月の頭に入院・手術を行う運びとなりました。

さいわいにして悪い病気ではございませんが、想定以上の早さで病状が進んでおり、このまま放置すれば手術にも体の回復にもかなりの時間を要するとのことで、主治医と相談の上決断に至りました。


来月10月中に関しましては、外出を伴ういっさいの仕事をお断りさせていただき、手術療養につとめさせていただきます。

事前に多数の資料準備や(著作物等の)許可申請、大量の荷物を持ち運び移動することとなります県民大学講座に関しましては、11月以降の遂行にも困難が予想されるため、5回の開催自体を中止としていただくことになりました。

既にお申込みいただいた皆様にはたいへん心苦しく、申し訳ございません。

また、本件につきましては、ご担当者様のご理解とご親切に感謝申し上げます。

ふたたび茨城県民の皆様へ向けて、「絵本」を真ん中に…男女共同参画、子育て、各種支援に繋がるお話等の機会をいただけることがありましたら幸いです。


平素よりお世話になっております皆様にも、ご心配、お手数をおかけします。

尚、10/18スタートのオンライン講座、11月以降の司書研修講座、他自治体の単発のお仕事に関しましては、予定通り務めさせていただきます。

来年以降の新規のお仕事も大歓迎です。


まずはしっかりと治療を受け、生活に支障のない健康体を取り戻したいと思います。

皆さまのご健康をお祈りしつつ...

今後ともどうぞよろしくお願いします。


絵本コーディネーター東條知美

ご依頼をいただいておりました「茨城県県民大学講座」につきまして、後期の日程に開催が振り替えられることとなりました。

すべての人が幸福に生きるための社会のあり方について、豊かな生き方について、各種データを紐解きながら、また「絵本」を通して皆さんと考えてみたいと思います。


~令和2年度 茨城県県民大学 後期講座~

◆講座タイトル『絵本で考える私らしい生き方 ~人生に寄り添う“絵本の力”~』

①10月15日(木) かけがいのない「私」と「あなた」 【男女の人権の尊重】

②11月12日(木) 旧来型ジェンダーと子どもたちの今 【社会における制度または慣行についての配慮】

③12月17日(木) 多様な人々が参画 ~幸福な社会へ~ 【政策等の立案及び決定への共同参画】

④1月14日(木) 支え合うから輝ける!素敵なパートナーシップ 【家庭生活における活動と他の活動の両立】

⑤2月4日(木) 世界を知ろう、共に歩もう 【国際的協調】

(全5回)

◆主催:茨城県

◆講師:絵本コーディネーター東條知美

◆会場:茨城県鹿行生涯学習センター 講座室2

※状況によりオンライン講座に変更の可能性があります。詳しくは担当部署までお問合せ下さい。


コロナの感染拡大状況によって変更等の可能性があるとのことですが、よろしければご検討下さいますようお願いします。

(絵本コーディネーター東條知美)

募集が始まりましたのでご案内します。

☆令和2年度 茨城県 県民大学(前期講座)

「絵本で考えよう!~わたしたちの<男女共同参画>」

(全5回...6/3,6/24,7/29,8/26,9/30)講師を務めさせていただきます。会場は潮来市立図書館です。

男女共同参画の視点から「社会を映す絵本」を解説。

グループワークを取り入れ、主体的・対話的な学びの場を目指します。

誰もが自分らしく生きられる社会とは?「絵本」で考えてみませんか。

お近くの方、ご興味の方がいらっしゃいましたら、お知らせいただけると幸いです。

(コロナ収束を願いつつ...)

3月17日発売のAmeba と TVBros.によるコラボムック『ママブロス』(東京ニュース通信社)、「Amebaブロガー名鑑」特集ページにて、拙ブログ「僕らの絵本」をご紹介いただきました。皆様の日々をちょっぴり豊かに楽しく。これからもコツコツ発信してまいります。

3月26日、和歌山県有田川町にて開催予定のイベント「えほんマルシェ」は、コロナウィルス感染拡大防止のため中止となりました。(今イベントの企画のひとつ「絵本ワールド」にお招きいただいておりました。)
残念ですが、またいつか和歌山の皆さまにお会いできる機会を楽しみにしております!

令和2年2月1日(土曜日) 午後1時から午後4時30分(午後0時30分開場)

昔話からベストセラーまで、本屋さんには沢山の絵本が並んでいます。
時代は進んだけれど、絵本の描く風景は変わったでしょうか。家族、学校、友だち…いろいろな絵本に触れて、みんなで考えてみませんか。

~ 稲城市ホームページより~

********

わたしたちが次世代に手渡したいものとは?
身の回りにあるさまざまなメディアを、絵本を、新しい視点から捉え直し、
「生きるちから」について 皆さんと一緒に考えてみたいと思います。
(絵本コーディネーター東條知美)


〈大人のえほん講座〉

「絵本のちから~こどもの生きる力を育む」(静岡県三島市✾えほんやさん)

めまぐるしく変容する社会の中、子どもたちとメディアの関係も日々変化しています。

「社会を映す絵本」、「自分自身を映し出す絵本」、「普遍のテーマで大切なことをおしえてくれる絵本」・・・絵本もまたメディアのひとつです。

価値観の多様な社会で子どもたちが生き抜くために、今手渡したい作品とは?

三島市の絵本の専門店「えほんやさん」で、皆さんと楽しく考えてみたいと思います。

☆10代にこそ出会ってほしい絵本の選書ポイント

☆子ども〜大人まで、傍らに置いて活用したい“絵本の力” 等の話題を中心に、子どもの読解力問題を含む「教育の現在」から「絵本の特性」まで様々なお話をさせていただきます。


<JCV>新潟県上越・妙高エリアのケーブルテレビで、東條を取材いただいたものが11月1日~30日までの1ヶ月間放送されます。

地元でケーブル契約されている皆さまにはテレビで、地域外のお友達にはWEBでご覧いただくことができます。

リンク【上越ケーブルテレビジョン webサイト

リンク【You Tube

ご覧いただいた皆さまにとって「わたしにも何かできそう!」と思えるきっかけとなれたら嬉しいです。

🍀 🍀 🍀 🍀

○放送『NEXT』単独番組

日曜日 11:55~

水曜日 21:25~

金曜日 19:25~

土曜日 20:55~

○WEB<上越妙高タウン情報>

「首都圏」のページに2019年11月1日~動画掲載


☆講演『絵本の中のジェンダー〜「わたしらしく」生きる』~(茨城県結城市 男女共同参画セミナー)

絵本で"ジェンダー"(男女、父母etc...社会的な性役割)はどう描かれ、どう変わってきたのか?

絵本の変遷と共に、その社会背景・各種調査結果・メディア(アニメ、映画、雑誌、新聞、インターネット)における様々な動きを、皆さまと共に見てまいりたいと思います。

また 昨今、子どもだけでなく多くの大人の課題ともいわれる「自己肯定感」や「自分らしい生き方」について、絵本を読み合いながらそのヒントを探ります。

最寄りはJR水戸線の結城駅です。

お近くの方・テーマに関心のある方にシェアしていただければ幸いです。

9/19㈭19:30-21:30 「絵本ぺちゃくちゃナイト」(於:早稲田 NENOiさん)

絵本の話を、誰でも気軽にたのしめる場所を作りたくて、お気に入りの本屋さんと一緒に企画しました。

フォロワーの皆さま、絵本や本屋好きな方々も、この機会にぜひ遊びにいらしてください🌟
(定員15名程度。詳細・お申込みはNENOiさんのサイトからお願いします。)