NEWS

4/20発売の『月刊ピアノ』5月号(発行:ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス)〈特集〉「大人も楽しめる音楽絵本の魅力」でナビゲーターを務めました。

ピアノの絵本、音楽会の絵本、「あの名曲」が聴こえる(ような気がした)絵本、音楽&楽器のパワーを感じる絵本etc…20作品のストーリー&注目ポイントをご紹介の他、

あの‟至極のラブストーリー絵本”にまつわるアーティストインタビュー等、てんこ盛りでお届けしております。

倉田翠さん、青木智哉さんへのインタビューページでは、お二人の音楽愛、絵本に対する真摯な眼差しがきらめいています。

SnowManやDISH、緑黄色社会など、旬のアーティストの楽譜も数々収録。

ピアノ愛好者の方々や全国のピアノ教室によって購買されている雑誌とのことです。

機会がありましたらぜひ、お手に取ってご覧ください。

【終活セミナー】『命と人生をみつめる絵本』

年齢を重ねるほどに、「命」のことをより思うようになるのではないでしょうか。

いま、絵本は子どものためのものだけでなく、大人の心にそっと寄り添い、なぐさめ、よりよい生き方のヒントをあたえてくれるものがたくさんあり、各地で様々なテーマの下、読み合いが行われています。

家族との最後の日々を描く物語、めぐる命をうたう絵本、グリーフケアの絵本etc...

これらの作品を、テーマと共に味わっていただくとともに、「後に続く人々にどんな生き方をのこしていくべきか」、その手がかりを皆さんと一緒に考えてみたいと思います。


〇内容概略

大人の心を揺さぶる絵本の中から、より良い生き方、人生の終い方等のヒントをそれぞれにみつけていただくことを願った講座です。ゆったりとした時間の中で、大切なテーマと向き合っていただけることと思われます。

__________________________________

☆開催日時

(1)2022年3月26日 14時~15時←終了しました。

☆会場

レンタルスペース エミング(明光企画 内)

千葉県市川市相之川3-2-13

(東京メトロ 東西線 南行徳駅 徒歩5~7分)

***

☆開催日時

(2)2022年4月23日 14時~15時

☆会場

東京都江戸川区南葛西2-21-11

葛西カンパネラホール心和 


☆お問合せ

こころの風 東京

3/7付 熊本日日新聞 朝刊「新生面」に、絵本『てぶくろ』を引用したコラムが掲載されました。その中で東條のコメントを取り上げていただいております。

「隣国と争う歴史を繰り返すまいと生まれた欧州連合」で、現状唯一の生きたラインを持っているフランス,ドイツと、多くの人々と同様(幼少時に)想像力を育み現在に至っているはずのプーチン大統領。両者の対話に希望を持ち続けたい......との内容に胸を打たれました。

熊本にお住まいの皆さま、機会のある皆さま、よろしければご覧ください。

☆有料のデジタル版では「絵本の中の希望」の見出しがつけられています。

故郷の上越ケーブルビジョン(JCV)番組「NEXTプラス」に取り上げていただきました。

(超ショート版ですが)故郷の皆様におすすめの絵本も5冊ご紹介しております。

本日より1ヶ月間、頻繁に放送されるとのことで、お茶の間でちょいちょいお目にかかることかと存じます。上越市 ・妙高地域の皆さま…どうぞよろしくお願いします。

5分程度の番組です。リンク先ユーチューブチャンネルにて、動画を丸ごとご覧いただくことができます。

<NEXTプラス>上越市大貫出身 絵本コーディネーター 東條知美さん | 首都圏 | 上越妙高タウン情報

首都圏という舞台で夢に向かって歩み続ける上越妙高出身者をクローズアップしたJCVの番組「NEXT」。出演者のその後の展開に迫ります。                        2022年2月放送   上越市大貫出身(県立高田高校卒) 絵本コーディネーター 東條知美さん子どもから高齢者まで、全ての年代に向けて絵本の魅力を伝える活動を行っています。絵本を題材とした執筆活動のほか、講演活動・ワークショップ・イベントなどを行う傍ら、都内小学校の学校司書としても勤務する東條さん。テレビ番組にも多数出演するほか、絵本に関するオンライン講座も開催しています。【オンライン講座】『絵本のちから〜子どもの生きる力を育む〜』(主催:えほんやさん)■日時:2022年3月12日(土)10時~12時■内容(予定)・グループディスカッション(テーマはお申し込みの方に個別にお知らせします)・子どもの本の持つ力・メディアとしての大人 〜手渡す人へ〜■お申込み・お問合せ えほんやさん 電話:055-900-1052mail: ehonyasan.ega@gmail.com  <JCV111chで放送>日9:55~ /  月16:05~ /  火6:15~  /  水12:30~  /  木9:30~  /  金19:25~  /  土17:00~ ほか <過去のNEXT 放送>■革職人          細野貴文さん■作曲家・ピアニスト    平野真奈さん■歌役者          泉篤史さん■IT教育会社社長     樋口隆広さん■ダンサー・振付家・演出家 スズキ拓朗さん■シンガーソングライター  齊藤ジョニーさん■レーシングドライバー   丸山友輝さん■トロンボーン奏者     高橋真太郎さん■スポーツトレーナー    山田裕太さん■絵本コーディネーター   東條知美さん■イタリア料理シェフ      石堂一弘さん■俳優           山崎 将史さん■NPO法人代表       大山遥さん■おさかなコーディネーター   ながさき一生さん■ふぐ料理店オーナー      小林力也さん■ソフトエンジニア       小関賢次さん■ソプラノ歌手         高橋維さん■料理研究家          片幸子さん■イタリア料理シェフ    伊崎裕之さん■プレイワーカー      

上越妙高タウン情報

えほんやさんに主催いただき、連続オンライン講座を開講しております。
単発でのご受講、動画アーカイブ版でのご購入も可能です。

どうぞよろしくお願いいたします。


①11/13(土)『絵本ってなんだろう?』

・絵本とは?

・子どもの今(子どもを取り巻く様々な環境)

・子どもの発達と絵本

・大人にとっての絵本

・グループディスカッション:「よい絵本とは?」


②12/11(土)『よい絵本ってどんな絵本?』

・ロングセラーの底力

・子どもは絵本のどこを見ているのか


③2022/1/8(土)『手渡す絵本を選ぶ視点』

・テーマと素材

・「多様性」と「配慮」

・選書基準

・読み聞かせの意義と技術(講義のみ)


④2022/2/5(土)『1冊の絵本を深く読む』

・読書会〜絵本を深く読む・他者の視点を知る〜(課題図書のタイトルは後日おしらせます)

☆課題図書(絵本)を一冊設定し、参加者全員でその作品を読み深めます。最後に、講師による講評を行います。

☆参加人数によっては小グループに分かれて行い、最後にグループごとに発表を行う形で行います。


⑤2022/3/12(土)『絵本のちから』

・グループディスカッション(テーマは後日おしらせます)

・子どもの本の持つ力

・”メディア”としての大人 〜手渡す人へ〜


■お申込み・お問合せ 

えほんやさん 

電話:055-900-1052

mail: ehonyasan.ega@gmail.com

選書させていただきました。長い歴史をもつ金の星社さんから「3冊」を選ぶのはたいへんな作業でした...!

わたしの選んだのは、ロングセラーの3冊。


☆『ことりとねこのものがたり』(なかえよしを 作/上野紀子 絵)

☆『あめがふるときちょうちょうはどこへ』(M・ゲアリック 文/L・ワイスガード 絵/岡部うた子 訳)

☆『絵本 おこりじぞう』(山口勇子 原作/沼田曜一 語り文/四国五郎 絵)


「金の星社おすすめの絵本」フェアは、全国書店で展開中とのことです。

よろしければお手に取ってご覧ください。

「絵本」「子どもの本」「子育て」「ジェンダー」「男女共同参画」にご興味のある方は、どなた様もお運びください。

あらゆる芸術と同様に「絵本」という形式のアートもまた、人々の願いを映し、社会を映し出しながら現在に至ります。

社会の変遷・様々なデータを確認しながら、ゆったりと作品(絵本)に触れ、あたらしい視点で「ジェンダー」を捉えてみませんか。ぜひご一緒いたしましょう!


*保育あり

1歳6ヵ月~未就学の子どもが対象です。有料、4日前までに要予約、先着順。
お申込み・お問合せはアートフォーラムあざみ野までお願いします。

アートフォーラムあざみ野: 045-910-5700

イオンカード会員限定誌『mom』(2021年10月号)特集「大人がハマる絵本の魅力」監修を担当しました。

〈大人の心を動かす絵本の魅力って?〉のページでは、5つのキーワード(希望がある・癒しがある等)の下に絵本を紹介。大人にとって絵本がどのような意味を持ちうるのかを、とことん語っております。
子どもに絵本を。大人にこそ絵本を。

『mom』今号では、他にも「アートと紅葉を愛でる」「りんご1箱まるごとレシピ」等、おしゃれで魅力的な記事がもりだくさん。機会がありましたら、ぜひお手に取ってご覧ください。

なかなか収束の気配を見せないコロナ禍。特に小さなお子さんをお持ちの親御さんの気苦労は、いかばかりかと思います。

テレビやネットでは日々心配なニュースであふれ、家族や友人に会いたくても会えない......

もう2年近く、おじいちゃん、おばあちゃんにお子さんを会わせていない方もいるでしょう。子ども時代の2年は、とても大きいもの。寂しい日々の中で、みなさん、よくがんばっていらっしゃるなと思います。

でも、不安ばかりに支配されていては、力のいる子育てを乗り切れません。私は“絵本を通して子育てを応援したい”という思いを胸に活動をしています。

パパママが「明日はもっといい日になる!」と信じて、前を向くのに力を貸してくれそうな3冊を選んでみました。